キャンドルビジルへのお誘い 2011年10月8日(土) 殺された人びとへの追悼と祈りを込めて

【日時】 2011年10月8日(土)19:00〜20:30ごろ
【場所】 京都・三条大橋周辺
【主催】 ピースウォーク京都 http://pwkyoto.com
【問合】 090-6325-8054

ビジル【vigil】とは ・・・「寝ずの番」「夜伽(よとぎ)」「お通夜」などの意。 キャンドルを灯し、亡くなった方たちに思いをはせる集い。 街に立って、意志表示することにも使います。


10月8日はどんな日?

2001年の「9・11事件」の報復に、米軍がアフガニスタンへの空襲を始めた日。(干ばつに苦しむアフガンの人々に爆弾の雨を注いだのは、誰に何を報復するため?) 巨大な国家暴力が次々と牙をむき続けた10年、10月8日はその始まりの日だった。

アフガニスタンからイラクへ、あのとき始まった「戦争」は、まだ終っていない。
(イラクには大量破壊兵器なんてなかったのに)
日米同盟という“つきあい”で、私たちもまた、にんげんの命を奪い、地球の命をも脅かすこの戦争に加担させられてきた。

戦闘機の上からの視線ではなく、地面を逃げまどう人の視線で、「殺すな!」 と、ただそれだけを叫びたくて、小さな一人が、いても立ってもいられずに、「ひとりの歩みから」を始めた10年でもあった。世界中の小さな一人のうねりが、何かを変える流れにつながるのを夢見て。

でもこの時間の中で、ありとあらゆる新兵器が殺人に使われ、劣化ウラン弾もたくさん使われた。放射能は今このときも、かの地の子どもたちや未来の命を脅かし、奪い続けている。

10年の後に3・11を経て、同じたくさんの放射能を浴びた私たちの大地から、この10年の暴力の中で失われた命に想いを馳せ、手の上に灯した小さな炎を見つめる時間をともにしよう。
すべての戦争犠牲者に哀悼を。
命を脅かすモノを「やめることができない」愚かさに終止符!の思いを込めて。

10月8日、三条大橋を灯りのリングで包み込みましょう。
希望の明日への歩みを始めるために、ともに悼む時間をご一緒しましょう。


What is “October 8th”?

It's the day when the US started to bomb Afghanistan in the name of retaliation against the tragedy of September 11th, 2001. Who on earth was that against and what on earth was that for? – throwing a shower of bombs and bullets over Afghan people who were suffering from long period of drought. Huge acts of violence by nations have recurred successively these 10 years. “October 8th” is the day it actually started.

The target shifted from Afghanistan to Iraq and the war that started on that day is not ended yet although it turned out that Iraq didn't have weapons of mass destruction. Under the "political relationship" called Japan-US alliance, we Japanese were obliged to support the war that took people's lives and also would threaten this planet's life.

Just to cry out "don't kill anybody!" for people trying to escape on the ground, many little people have taken first steps spontaneously these ten years, dreaming that tiny ripples from all over the world would come together to become a big wave to change the world.

Various new weapons such as DU bullets have been used to kill people these 10 years. Radiation continues to threaten and take children’s lives in that area.

Experiencing "March 11th" 10 years later, and living on land severely exposed by radiation, let us think of the lives taken by the violence of these 10 years and look quietly at the small candle lights in our hands together.

Let us express our grief and sorrow for all war victims and put an end to our stupidity of not giving up holding and using weapons that threaten people’s lives.

Let us surround Sanjo Ohashi Bridge with our candle lights on October 8th. Come and join us to share some time to mourn and to start to walk ahead together with hope for tomorrow.

| ビジル / アピール | 23:24 | comments(0) | - | pookmark |
<< 「LIFE FOR LOVE 6.11京都ピースウォーク」 (「6.11 脱原発100万人アクション」 2011年・京都での催し) | main | アフガニスタンからの報告 中村哲さん講演会2012 >>
comment
comment









| /PAGES |
Recent Entry
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Selected Entry