アフガンに播かれた種に思う (書評『アフガン農業支援奮闘記』高橋修編著 石風社)

緑の大地計画の一端として

本年3月1日付けを持って発行された同書は、ペシャワール会が行なってきたアフガニスタンでの農の営みの記録である。中心になって執筆したのは高橋修さん。同会農業計画の責任者である。これと共に、この計画に携わった全てのワーカーたちの文章が掲載されている。08年夏に亡くなった伊藤和也さんの文章ももちろんある。

同計画は、ペシャワール会が2002年3月に発足させた「緑の大地計画」の重要な一翼として進められた。井戸による飲料水の確保、用水路による農業用水の確保とともに、乾燥に強い作物の育成・普及により、旱魃に苦しむアフガニスタンに緑の大地を復興させることが目指された。

続きを読む >>
| 文書・資料 | 02:56 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |
Recent Entry
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Selected Entry